天満宮・天神社に牛がまつられている理由とは?

スポンサーリンク
日本の神々

 日本全国に鎮座する天神社・天満宮では、ウシを天神の使いとして崇めています。境内にウシの像を見ることができるのはそのためです。

 それでは、この天神というのはいったい誰のことなのでしょうか。また、天神はいったいいつから信仰されるようになったのでしょうか。

スポンサーリンク

天神の誕生

 天神といえば、学問の神としておなじみですね。この天神とは、平安時代初期の学者で政治家の菅原道真すがわらのみちざねのことをいいます。

『前賢故実』菊池容斎

 道真は幼少の頃から学問に優れ、時の宇多うだ天皇の篤い信任を得て右大臣の地位にまで登り詰めた人物です。しかし政敵によって無実の罪に陥れられて大宰府へ流され、同地で失意のまま亡くなりました。

 その後、都では皇族や貴族が次々と急死したり、清涼殿せいりょうでん(天皇の日常の居所)に雷が落ちたりするなどの不穏な出来事が頻発しました。

『北野天神縁起絵巻』

 当時は、非業ひごうの死を遂げた人の霊が祟りをもたらすと信じられていました。これを「御霊ごりょう信仰」といいます。そうしたことから、人々はこの事件を道真の祟りであると信じ、恐れました。そして人々に災いをもたらす火雷からい天神信仰と結びつき、道真を天神として畏怖する信仰が生まれたのです。

 天暦元年(947)に道真を祭神とする北野天満宮(京都)が創建されると、祟る神を鎮めるとともに、祈雨・避雷・五穀豊穣の神として庶民からの信仰を集めるようになりました。

畏怖の対象から学問の神へ

 当初は怨霊による祟りからはじまった天神信仰でしたが、鎌倉時代になると、生前の道真の学識や人格が崇拝されるようになり、天神の霊験やご利益を世に伝える天神縁起がつくられるようになりました。

 さらに室町時代になると、道真は和歌や詩歌の神として崇拝されるようになります。また、禅宗で天神が重んじられたことから、京都五山(南禅寺・建仁寺・東福寺・建長寺・円覚寺)の僧の間で道真が中国へ渡ったという渡唐天神の伝承が成立。天神が唐衣をまとった姿で描かれるようになりました。

 現在のように学問の神として信仰されるようになるのは、江戸時代に入ってからのことです。とくに庶民の教育機関であった寺子屋では道真の神像や神号を掲げるなどして崇拝されました。こうして現在も、天神は学業成就の神として受験生の信仰を集めているわけです。

湯島天神

菅原道真の生涯

西暦事項
845年京都で生まれる。菅原氏は代々名だたる学者を輩出した家柄だった。幼少の頃から文才に優れていた
877年式部少輔に任ぜられる。あわせて家職である文章博士を兼任。
886年讃岐守に任ぜられ、讃岐国へ下向。890年に帰京。
891年当時の宇多天皇の信任を受け、蔵人頭に就任。
897年3女・寧子を宇多天皇の皇子・斉世親王の妃とする。権大納言に就任。
899年右大臣に就任。
901年左大臣・藤原時平のざん言により、大宰府へ左遷される。
903年配所に閉じこもる失意の日々を送った末に没する。
923年醍醐天皇の皇太子・保明親王が21歳で亡くなる。道真の祟りとして恐れられる。
930年宮中の清涼殿に雷が落ち、大納言をはじめ数人の貴族が亡くなる。道真の祟りとして恐れられる。
947年神託がくだり、道真の霊を鎮めるために北野天満宮を建立。
タイトルとURLをコピーしました