古地図で辿る歴史の舞台・「桜田門外の変」の現場を歩く

スポンサーリンク
古地図
スポンサーリンク

粛清された大老・井伊直弼

 安政5年(1858)6月19日、江戸幕府はアメリカ総領事ハリスと日米修好通商条約を締結。長きにわたった鎖国体制に終わりを告げました。

 しかし、大老・井伊直弼が朝廷の許可を得ないまま条約締結に踏み切ったため、尊王攘夷派の志士たちはこれを非難。安政7年(1860)3月3日、水戸浪士ら18名は江戸城桜田門前で直弼を暗殺しました。

 これを「桜田門外の変」といいます。

 水戸浪士たちは当日、どのような行動をとったのか。実際に現場を歩いてみましょう。まずは東京都港区愛宕1丁目にある真福寺へと向かいます。

外国大使の宿泊所となった真福寺

 東京メトロ日比谷線・虎ノ門ヒルズ駅から徒歩3分のところに建つ真福寺は真言宗智山派総本山智積院の別院で、古くから「愛宕のお薬師さん」として信仰を集めてきました。

 開基は慶長10年(1605)。徳川家康より賜った愛宕下の土地1360坪に堂宇が築かれました。その威容は、『江戸名所図会』にも描かれています。

『江戸名所図会』

 江戸幕府はアメリカと日米修好通商条約を締結したのち、イギリス、フランス、ロシア、オランダとそれぞれ同様の条約を締結しました。

 このとき、フランスとロシア、オランダ使節の宿泊所となったのが、この真福寺でした。

 なお、イギリス使節が宿所としたのは港区芝の西応寺。同寺には、のちオランダ公使館が置かれます。

火伏せの神として信仰を集めた愛宕神社

 直弼の暗殺を計画した水戸浪士たちは、安政7年(1860)3月3日早朝、愛宕神社に集まりました。

『江戸名所図会』

 愛宕神社は慶長8年(1603)の創建。祭神は火の神・火産霊命ほむすびのみこと。徳川家康によって防火の神として祀られ、江戸市中の火伏せの神として崇められました。

 標高25.7mの愛宕山上に位置する愛宕神社は当時、江戸市中でも屈指の高所にあったことから、境内からの見晴らしは江戸随一であると謳われました。現在は周囲に高層ビルが建ち並び、かつての景観をうかがうことはできません。

 水戸浪士たちはなぜ愛宕神社に集ったのか。それは、軍神として武士の信仰を集めた勝軍地蔵菩薩が祀られていたためです。直弼を襲撃する前に、彼らはここで戦勝祈願を行なったのでした。

 本堂右手に、昭和16年(1941)に建立された「桜田烈士愛宕山遺跡碑」が建っています。

 なお、当日の天候は季節外れの大雪でした。

井伊直弼が暮らした彦根藩上屋敷跡

 水戸浪士一行は愛宕神社で戦勝祈願を済ませたのち、現在の愛宕通りを通って江戸城へと向かいました。

 当時、井伊直弼が暮らした彦根藩上屋敷は、現在の憲政記念館付近にありました。江戸城桜田門から西へ500mほど行ったところです。

  安政7年(1860)3月、直弼は病床にありました。実際、3月2日は江戸城へ出仕せず、上屋敷内で療養しています。

 しかし3日は5節句のひとつ・上巳の節句にあたり、将軍との定例謁見日であったことから、どうしても登城する必要がありました。

 朝5ツ(午前8時ごろ)、江戸城内で太鼓の音が鳴らされ、諸大名が登城を開始。辺りには、大名行列を見るために大勢の江戸っ子が詰めかけました。

 直弼一行が上屋敷を出立したのは、朝5ツ半(午前9時ごろ)のことでした。

桜田門外で起こった悲劇

「安政五戊午年三月三日於イテ桜田御門外ニ水府脱士之輩会盟シテ雪中ニ大老彦根侯ヲ襲撃之図」

 桜田門に集結した水戸浪士たちは左翼と右翼にわかれ、大名行列を見物する人々の間に身を潜めながら「そのとき」を待ちます。

 そして直弼一行の行列が桜田門に差し掛かったとき、浪士たちは見物人の群れから飛び出るや、ピストルの合図で行列を襲撃。直弼を暗殺しました。

 当時は降雪のため、井伊家の行列は雨合羽を着用し、刀に柄袋をつけていました。そのため浪士たちへの対応が遅れ、むざむざと主君を殺されてしまったのでした。

 直弼を討ち取ったことを確認した浪士たちは、ただちにその場から逃走。直弼の首級を挙げた薩摩藩出身の有村次左衛門も、首を片手に逃亡をはかります。しかし、彦根藩士に斬りつけられた傷が深く、 三上藩上屋敷(現・パレスホテル周辺)まで逃げたところで自決しました。

 この事件を主導した水戸浪士の関鉄之助は直弼の首が落ちたことを確認したのち、越後まで逃げ延びました。ですがそこで捕縛され、江戸・伝馬町牢屋敷で斬罪に処されました。

 そのほかの浪士たちも自決、あるいは斬首されましたが、増子金八、海後磋磯之介の二人は逃げ延びることに成功し、明治の新時代を迎えています。

もっと江戸の古地図を知りたい人におすすめの書籍一覧

古地図で辿る歴史と文化 江戸東京名所事典 』笠間書院編集部編(笠間書院)

本書は、主に『江戸名所図会』に載る名所・旧跡、寺社のほか、大名屋敷、幕府施設、道・坂・橋、町、著名人の居宅などを、美しさと実用性で江戸時代に好評を博した「尾張屋板江戸切絵図」と「現代地図」を交えて事典形式で解説。

『東京人2020年9月号 江戸東京エア(空想)散歩』

地図づかいのスペシャリストたちが、時代や用途が違う地図を「タイムマシーン」にして、テーマ別の空想散歩を指南。空想散歩に出かけるための各種地図もいろいろご紹介。

重ね地図でタイムスリップ 変貌する東京歴史マップ』古泉弘、岡村道雄ほか監修(宝島社)

現代の地図をトレーシングペーパーに載せて過去の地図に重ね、当時の地形からの変化を透かし地図でよりわかりやすく解説。縄文時代、徳川入府以前、徳川時代の江戸、関東大震災後(後藤新平の作った江戸)、昭和30年代以降、大きく変貌する前の東京の地図を掲載。新宿、渋谷、六本木など、重ね地図でその変化がわかる。

カラー版重ね地図で読み解く大名屋敷の謎』竹内正浩(宝島社新書)

厳選された16のコースで東京の高低差を味わいつつ、楽しみながら歴史に関する知識が身に付く一冊。五街道と大名屋敷の配置には、どのような幕府の深謀遠慮が秘められていたのか?大名屋敷は明治から今日に至るまで、どのように活用されたのか? など多種多様な疑問に答える。高低差を表現した現代の3D地図に、江戸の切絵図を重ねることによって、「江戸」と「いま」の違いも一目瞭然。

写真のなかの江戸 絵図と古地図で読み解く20の都市風景』金行伸輔(ユウブックス)

ベアト撮影「愛宕山から見た江戸のパノラマ」、モーザー撮影『ファー・イースト』掲載写真ほか。幕末・明治初期の古写真に写し撮られた都市江戸の実像を、絵図・古地図・文献史料を駆使し、徹底的に解読!幕末の大名屋敷の変容/旗本屋敷の建物の格差/日本橋の板葺屋根の町並み/築地の裏長屋/赤坂に並ぶ茅葺家屋/富士山を向いた「さざえ堂」/江戸にもいたコウノトリの巣、など新事実満載!

古地図から読み解く 城下町の不思議と謎』山本博文監修(実業之日本社)

古地図と現代の図を「くらべて」分かる、城下町の成り立ちと特徴! 江戸・名古屋・大阪をはじめ、全国の主要な城下町を、古地図をもとに検証。国土地理院の現代の図と定点で比較することから、思わぬ町の機能が見えてくる!

タイトルとURLをコピーしました