江戸の古地図|いまに受け継がれる江戸幕府公認遊廓・吉原の名残

スポンサーリンク
古地図
スポンサーリンク

旧吉原と新吉原

 地下鉄日比谷線・三ノ輪駅を出て明治通りを抜け、土手通り沿いを歩くと、吉原大門交差点へ至る。この交差点の西・(なか)()(ちょう)通りは、江戸時代、幕府公認遊廓・吉原のメインストリートだった場所である。

 吉原遊廓が開業したのは、元和4年(1618)頃と伝わる。廓の総面積は約1万4520坪。当時、周囲は葦や茅が生い茂るばかりの荒れ地で「(あし)(はら)」と呼ばれた。しかし「葦」は「悪し」につながることから、縁起を担いで「吉」という字が用いられ、「吉原」となった。

 もともと吉原遊廓の設置は、江戸市中に点在していた遊所を1か所にまとめるとともに、市街地から切り離すという目的があった。ところが、江戸の発展とともに市街地が拡大。期せずして、吉原は市街地の中心部に隣接するようになってしまう。

 そこで明暦3年(1657)の明暦の大火を契機として、幕府は吉原を浅草(せん)(ぞく)村(現・台東区千束)に移した。これにより、旧地は元吉原、新地は新吉原と呼ばれるようになった。新吉原の廓の総面積は約2万606坪。約270軒の妓楼が置かれ、最盛期には3000人を超える遊女が生活を営んでいた。遊女以外の従業員も5000人以上働いていたといわれる。

『新よし原尾州樓かり』国貞

受け継がれる吉原の名残

『今戸箕輪浅草絵図』(1849~62年刊)上、浅草寺の北に位置し、堀で囲まれた場所が新吉原である。

 この堀は「お歯黒どぶ」という。遊女たちが勝手に新吉原から逃亡しないように設けられたものだ。幅は約2間(約3.6メートル)。遊廓内の下水の処理という役割も果たした。

 江戸時代、吉原は一流の社交場としての格を持ち、江戸文化の最先端を担う場となったが、明治になると、花柳界に客を奪われて衰退。それでも細々と営業は続けられ、戦後、GHQが公娼廃止令を発しても、赤線地帯のひとつとして、警察黙認のもと、存続した。しかし昭和33年(1958)、売春防止法の施行に伴い、吉原は、その歴史に幕を下ろすこととなった。

 こうして遊廓はなくなり、吉原という地名も千束4丁目へと変貌を遂げたが、お歯黒どぶが埋め立てられた跡は細い小道となっており、かつての堀の姿をうかがうことができる。

 また、町割りも当時の姿をほぼそのままに残しており、大見世の跡には大きな風俗店、小見世の跡には小さな店、さらに遊女たちが住んでいた場所はアパートになるなど、風俗街としての連続性がいまに受け継がれていることがわかる。

現在の吉原。

 一方、明暦元年(1655)の開山である浄閑寺の境内には、新吉原で亡くなった遊女を祀る新吉原総霊塔が建つ。当時は読経も供養もされることなく、ただ穴のなかに投げ込まれて埋葬された。

浄閑寺(東京都台東区)境内にある新吉原総霊塔。

御朱印に描かれる遊女も、どことなく悲しげな表情を浮かべているようだ。

もっと江戸の古地図を知りたい人におすすめの書籍一覧

古地図で辿る歴史と文化 江戸東京名所事典 』笠間書院編集部編(笠間書院)

本書は、主に『江戸名所図会』に載る名所・旧跡、寺社のほか、大名屋敷、幕府施設、道・坂・橋、町、著名人の居宅などを、美しさと実用性で江戸時代に好評を博した「尾張屋板江戸切絵図」と「現代地図」を交えて事典形式で解説。

『東京人2020年9月号 江戸東京エア(空想)散歩』

地図づかいのスペシャリストたちが、時代や用途が違う地図を「タイムマシーン」にして、テーマ別の空想散歩を指南。空想散歩に出かけるための各種地図もいろいろご紹介。

重ね地図でタイムスリップ 変貌する東京歴史マップ』古泉弘、岡村道雄ほか監修(宝島社)

現代の地図をトレーシングペーパーに載せて過去の地図に重ね、当時の地形からの変化を透かし地図でよりわかりやすく解説。縄文時代、徳川入府以前、徳川時代の江戸、関東大震災後(後藤新平の作った江戸)、昭和30年代以降、大きく変貌する前の東京の地図を掲載。新宿、渋谷、六本木など、重ね地図でその変化がわかる。

カラー版重ね地図で読み解く大名屋敷の謎』竹内正浩(宝島社新書)

厳選された16のコースで東京の高低差を味わいつつ、楽しみながら歴史に関する知識が身に付く一冊。五街道と大名屋敷の配置には、どのような幕府の深謀遠慮が秘められていたのか?大名屋敷は明治から今日に至るまで、どのように活用されたのか? など多種多様な疑問に答える。高低差を表現した現代の3D地図に、江戸の切絵図を重ねることによって、「江戸」と「いま」の違いも一目瞭然。

写真のなかの江戸 絵図と古地図で読み解く20の都市風景』金行伸輔(ユウブックス)

ベアト撮影「愛宕山から見た江戸のパノラマ」、モーザー撮影『ファー・イースト』掲載写真ほか。幕末・明治初期の古写真に写し撮られた都市江戸の実像を、絵図・古地図・文献史料を駆使し、徹底的に解読!幕末の大名屋敷の変容/旗本屋敷の建物の格差/日本橋の板葺屋根の町並み/築地の裏長屋/赤坂に並ぶ茅葺家屋/富士山を向いた「さざえ堂」/江戸にもいたコウノトリの巣、など新事実満載!

古地図から読み解く 城下町の不思議と謎』山本博文監修(実業之日本社)

古地図と現代の図を「くらべて」分かる、城下町の成り立ちと特徴! 江戸・名古屋・大阪をはじめ、全国の主要な城下町を、古地図をもとに検証。国土地理院の現代の図と定点で比較することから、思わぬ町の機能が見えてくる!

タイトルとURLをコピーしました