年中行事|「お盆」はいつのこと?どんな行事?「お盆」の基礎知識

スポンサーリンク
神事
スポンサーリンク

もともとは仏教行事に由来!

 お盆とは、祖先の霊を家に迎えて供養し、送り出す行事のことです。

 古くは旧暦7月15日前後に行なわれていました。いまでも7月13日から16日の間に行なう地域もあります。一般的には8月13日を迎え盆、16日を送り盆とするところが多くなっています。

 それではお盆ではいったい何を行なうのでしょう。

 まず13日の迎え盆では、祖先の霊を家に迎え入れるため、玄関先などで迎え火を焚き、屋内に特別につくった盆棚へと招きます。

 盆棚には盆花や団子、素麺、果物などを供えます。祖先の霊をもてなすための供物ですね。

 こうしてお迎えした祖先の霊とともに、14日、15日と過ごしたあとは、16日の送り盆で再びあの世へと送り出します。この一連の行事を「お盆」と呼ぶのです。

 一説に、お盆は仏教の盂蘭盆会に由来する行事だといわれます。

 昔々、釈迦の弟子のひとりに目蓮という僧がいました。あるとき、彼は自分の母が餓鬼道に堕ちて苦しんでいる姿を目にしてしまいます。なんとか母を救いたいと思った目蓮は釈迦に助けを求めました。目蓮は釈迦の教えに従い、7月15日に百味の飲食を盆にのせて多くの僧たちに施します。すると、母を無事に救うことができたということです。

 日本ではすでに奈良時代に盂蘭盆会が行なわれたという記録が『日本書紀』に残っています。平安時代には貴族の行事として定着しました。

お盆には「盆踊り」が欠かせない

 さて、お盆といえば、盆踊りを頭に浮かべる人も多いのではないでしょうか。いまもお盆の期間中に営まれる夏祭りで盆踊りを踊る地域があります。

 先祖を供養するために踊るという風習は、仏教の本場インドには見られず、日本古来の信仰と結びついて生まれたものと考えられています。その由来は、遊行僧であった空也や一遍らが悪霊を鎮めるために踊った念仏踊りにあると見られています。

 盆踊りには、櫓の周りを輪になって踊る輪踊り、縦列で村の境まで踊っていく群行型の踊りなどさまざまな形のものがあります。いずれも踊ることで祖霊を鎮め、また、豊穣を祈る意味合いも込められているといいます。

季節の行事を知るためのおすすめ書籍

『季節の行事と日本のしきたり事典ミニ』新谷尚紀監修(マイナビ文庫)

日本の伝統的なしきたりについて、その内容や意味をまとめ、親しみやすいフルカラーのイラストで解説。お正月や端午の節句などの日本の古きよき伝統から、現代から根付いた行事までを詳しく紹介。家族や親戚と一緒に楽しめる、ミニ事典。

『日本の365日を愛おしむー季節を感じる暮らしの暦』本間美加子(飛鳥新社)

日本には、「生活暦」というものがあります。生活歴とは、月日に生活上で必要な情報を書き込んだもの。自然の恵みと季節の巡りに感謝し、毎日を大切に過ごすために先人たちが作った暦です。本書では、この生活暦をイラストとともに紹介。眺めるだけでもほっこり、1日1ページ読めば、1年365日、毎日の暮らしを楽しむヒントが記されています。

『図解眠れなくなるほど面白い 日本のしきたり』千葉公慈監修(日本文芸社)

「運気を上げる」をキーワードに、「春」「夏」「秋」「冬」の1年を通して行われる暮らしの中のしきたりと、成長や長寿などを祝う「通過儀礼」のしきたり、結婚や葬式などにまつわる「冠婚葬祭」のしきたりを図解で紹介。

 

 

タイトルとURLをコピーしました