京都古絵図|鴨川に並行して高瀬川が掘削された理由|角倉了以・素庵父子の活躍

スポンサーリンク
日本史
スポンサーリンク

高瀬川の舟運に商機を見出した角倉了以

 京都市街地を流れる高瀬川は、慶長18年(1613)に掘削された全長10キロメートル、水深30センチメートルほどの人工河川です。

 二条大橋付近で鴨川の水を引き入れ、鴨川と並行するように南流し、南区東九条辺りで鴨川と一度合流。鴨川の東岸から東高瀬川と名を変えて分流し、伏見市街地西部を経て宇治川へと流れ込みます。

 高瀬舟と呼ばれる底の浅い箱型の舟が川を上り下りしていたことから、高瀬川と呼ばれるようになりました。

 高瀬川を開削したのは、江戸時代の豪商・角倉了以・素庵父子。『新板平安城東西南北町并洛外之図』(1658年刊)によると、当時は四条から五条の間にかけて鴨川と合流していました。しかしその後河川の整備が行なわれるなかで、鴨川と分離して独立しました。

 それでは、なぜ鴨川と並行する形で高瀬川が掘削されたのでしょうか。

 その理由は、鴨川の水量が不安定であり、水運として用いることができなかったためです。

舟運から陸運へ

 当時、京都市中には港がありませんでした。大坂方面から舟で運ばれてくる物資は、一度淀や伏見、鳥羽といった京都近郊の港で荷揚げされ、そこから陸路で市中へと運んでいたのです。

 この様子を見た了以は、次のように考えました。もし京都市中まで舟で直接荷を運ぶことができるようになれば、多くの商人が利用するはず。彼らから舟賃を徴収すれば、莫大な利益が上がるにちがいない、と。

 そして用地を自費で買い上げるとともに、水路の開削に着手。高瀬川を切り拓いたのでした。

『都名所図会』に描かれた高瀬川の舟運。画面左下には川で洗濯をしている人々の姿も描かれる。

 高瀬川の運行を許されたのは、総数で159艘。1艘1回の利用につき、舟賃2貫500文を徴収しました。

 舟賃のうち、幕府に納められたのは1貫。舟の加工代として250が使われ、残りの1貫250文が角倉家の収入となりました。

 こうして高瀬川が拓かれると、舟運を通じて京都市中に大量の物資が流れ込みました。最盛期には、輸送の拠点となる舟入が二条~四条間に9つ設置されたといいます。

 これにより馬借・車借と呼ばれた陸運業者らは大打撃を受けました。ですが一方で、米や薪といった生活物資の価格が下落したため、京の人々は大いに喜んだと伝わります。

 明治10年(1877)、七条~大阪間を鉄道が走るようになると、高瀬川の舟運は徐々に利用されなくなっていきます。そして大正9年(1920)6月、約300年続いた高瀬川の舟運はその歴史に終わりを告げたのでした。

復元された高瀬舟

 水運としては利用されなくなった高瀬川ですが、いまでは人々の憩いの場としてすっかり定着されています。当時の高瀬舟も復元されていますので、お散歩ついでにぜひ見学されてはいかがでしょうか。

京都の歴史をもっと知りたい方におすすめの書籍一覧

地図で読み解く初耳秘話 京都のトリセツ』昭文社旅行ガイドブック編集部編(昭文社)

地形や地質、歴史、文化、産業など多彩な特徴と魅力を、地図を読み解きながら紹介するマップエンターテインメント。京都の知っているようで知られていない意外な素顔に迫る。

地図で楽しむ! 京都の歴史さんぽ』梅林秀行監修(JTBパブリッシング)

読むだけでも楽しい史跡コメント入り地図帳が別冊付録。「歴史」と「地図」から、京都を楽しむためのテーマが満載。

京都の歴史を歩く』小林丈広、高木博志ほか著(岩波新書)

観光名所の賑わいの陰でひっそりと姿を消す町屋の風景。雅な宮廷文化、豪奢な桃山文化に彩られた「古都」のイメージが流布するなか、つのるのは違和感ばかり。これが、京都なのだろうか……。15のコースをめぐり、本当の京都に出合う小さな旅へ。かつて都に生きた人びとの暮らしと営みに思いをはせる。

カラー版 重ね地図で読み解く京都1000年の歴史』谷川彰英監修(宝島社新書)

半透明の特殊地図で、平安・安土桃山・幕末と現代の地図を透かして見ることにより、1000年間の変遷がひと目でわかるオールカラーの京都街歩き新書。平清盛はなぜ東山に拠点を置いたのか?京都御苑はなぜ平安宮と違う場所にあるのか?なぜ西と東の本願寺があるのか? など、17の散策コースを楽しみながら歴史の知識が身に付く。

地球の歩き方 京都 2023~2024』地球の歩き方編集室編(学研プラス)

1200年の歴史を誇る町「京都」全26市町村の見どころや美食、逸品、伝統文化などを地球の歩き方ならではの切り口で 徹底紹介。

タイトルとURLをコピーしました