江戸の古地図|紀尾井坂・仙台坂・南部坂……江戸っ子はなぜ坂に名前をつけたのか

スポンサーリンク
古地図
スポンサーリンク

東京に坂が多いのはなぜ?

 台地と低地上に形成された東京には、とにかく坂が多い。千代田区の九段坂や渋谷区の道玄坂など、名前のついた坂はじつに700以上もあるといわれる。

 これらの坂のほとんどは、江戸時代以降に形成されたものだ。

 徳川家康が江戸の町づくりに本腰を入れたのは、慶長8年(1603)に幕府を開いて以降のことである。

 このとき、大名や旗本たちの住む武家地はおもに台地上に、商人や職人らが住む町人地はおもに低地につくられた。そして両町を結びために台地と低地を結ぶ坂道が整備されたのである。

 武士たちは買い物や遊興のために坂を下り、商人たちは武家屋敷への商売のために坂をのぼった。

 ところが、ここでひとつ問題が発生する。

 基本的に武家地には町名がつけられておらず、いざ出かけようとしても目的地を言葉で言い表わすことができなかったのだ。

 そんななか、建物を探すための目印となったのが、江戸市中に点在していた坂だった。人々はこれらの坂に名前をつけることで、その地域のランドマークとしたのである。

坂の名前は単純明快

 江戸っ子たちは、近くに存在する建物や、坂の形状・雰囲気、坂から見える風景などにちなんで坂の名前をつけた。

 なかでも大きな目印となったのが、大名屋敷であった。たとえば東京都千代田区紀尾井町にある「紀尾井坂」は紀州徳川家、尾張徳川家、彦根藩井伊家の屋敷の角に位置していたことにちなむ。

『外桜田永田町絵図』

 また、港区赤坂のアメリカ大使館宿舎脇を南東に下る「南部坂」は盛岡藩南部家の屋敷にちなんでつけられた。

『東都麻布之絵図』(部分)

 港区南麻布と品川区東大井にある「仙台坂」も、仙台藩の下屋敷があったことにちなむものである。

『東都麻布之絵図(部分)』

 大名屋敷だけでなく、「(ぜん)(こう)()坂」や「(てん)(じん)坂」のように、坂近くに鎮座する寺社がその名の由来となるケースもあった。

 一方、坂から富士山がよく見えたから「()()()坂」、江戸湾が見下ろせるから「(しお)()坂」といったように、眺望から派生して名前がつけられることも多々あった。ただしこれらの坂は特定の地域に限ったのものではなかったので、同じ名前を持つ坂が江戸市中の至るところに点在することとなった。とくに士見坂の名を持つ坂は江戸に18も存在していたという。江戸っ子が富士山を信仰していた様子がうかがえよう。

 そのほか、坂をのぼるときに胸をつきそうになるくらい勾配が急な「胸突坂」、転ぶと団子のように転がってしまうほどの勾配を持つ「団子坂」、ネズミがようやく通れるほど狭い「鼠坂」、樹木が生い茂って昼間でも薄暗い「暗闇坂」など、坂の勾配や雰囲気なども命名する際の基準となった。

 なお、新宿区の「庚嶺ゆれい坂(2代将軍・徳川秀忠が中国の梅の名所から名づけたと伝わる)」や文京区の「昌平坂(5代将軍・徳川綱吉が昌平校にちなんで命名したと伝わる)」など、江戸には将軍が直々に命名した坂も存在した。

江戸の古地図をもっと知るためのおすすめ書籍一覧

古地図で辿る歴史と文化 江戸東京名所事典 』笠間書院編集部編(笠間書院)

本書は、主に『江戸名所図会』に載る名所・旧跡、寺社のほか、大名屋敷、幕府施設、道・坂・橋、町、著名人の居宅などを、美しさと実用性で江戸時代に好評を博した「尾張屋板江戸切絵図」と「現代地図」を交えて事典形式で解説。

『東京人2020年9月号 江戸東京エア(空想)散歩』

地図づかいのスペシャリストたちが、時代や用途が違う地図を「タイムマシーン」にして、テーマ別の空想散歩を指南。空想散歩に出かけるための各種地図もいろいろご紹介。

重ね地図でタイムスリップ 変貌する東京歴史マップ』古泉弘、岡村道雄ほか監修(宝島社)

現代の地図をトレーシングペーパーに載せて過去の地図に重ね、当時の地形からの変化を透かし地図でよりわかりやすく解説。縄文時代、徳川入府以前、徳川時代の江戸、関東大震災後(後藤新平の作った江戸)、昭和30年代以降、大きく変貌する前の東京の地図を掲載。新宿、渋谷、六本木など、重ね地図でその変化がわかる。

カラー版重ね地図で読み解く大名屋敷の謎』竹内正浩(宝島社新書)

厳選された16のコースで東京の高低差を味わいつつ、楽しみながら歴史に関する知識が身に付く一冊。五街道と大名屋敷の配置には、どのような幕府の深謀遠慮が秘められていたのか?大名屋敷は明治から今日に至るまで、どのように活用されたのか? など多種多様な疑問に答える。高低差を表現した現代の3D地図に、江戸の切絵図を重ねることによって、「江戸」と「いま」の違いも一目瞭然。

写真のなかの江戸 絵図と古地図で読み解く20の都市風景』金行伸輔(ユウブックス)

ベアト撮影「愛宕山から見た江戸のパノラマ」、モーザー撮影『ファー・イースト』掲載写真ほか。幕末・明治初期の古写真に写し撮られた都市江戸の実像を、絵図・古地図・文献史料を駆使し、徹底的に解読!幕末の大名屋敷の変容/旗本屋敷の建物の格差/日本橋の板葺屋根の町並み/築地の裏長屋/赤坂に並ぶ茅葺家屋/富士山を向いた「さざえ堂」/江戸にもいたコウノトリの巣、など新事実満載!

古地図から読み解く 城下町の不思議と謎』山本博文監修(実業之日本社)

古地図と現代の図を「くらべて」分かる、城下町の成り立ちと特徴! 江戸・名古屋・大阪をはじめ、全国の主要な城下町を、古地図をもとに検証。国土地理院の現代の図と定点で比較することから、思わぬ町の機能が見えてくる!

タイトルとURLをコピーしました