徳川家康

古地図

江戸の古地図|東京タワーも芝公園も江戸時代はみんな増上寺の敷地だった!

江戸時代の増上寺はとにかく広かった! 都営地下鉄浅草線・大江戸線の大門駅の西、芝大門交差点の近くには、道路をまたぐようにして大きな門がそびえています。これが「大門」という地名の由来となっている増上寺の表門です。 現在、...
古地図

京都古地図|京都にはなぜ「東本願寺」と「西本願寺」がある?その理由

本願寺はなぜ京都に建てられたのか  京都駅の北には、広大な敷地を持つ2つの寺院が存在する。堀川通花屋町の西本願寺と烏丸通七条の東本願寺である。 『京大絵図』を見ると、江戸時代からすでにこのような形になっていることがわかるが、同...
神社

【神社データ】江戸の総鎮守・神田神社(神田明神)【東京都千代田区】

住所:〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2アクセス:JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩5分東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」1番口より徒歩5分東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B1出入口より徒歩5分東京メ...
日本史

浮世絵江戸の暮らし|江戸市民はすでに上水道を使っていた!【歌川豊国『絵本時世粧』】

浮世絵DATA 【タイトル】絵本時世粧えほんいまようすがた 【作者】歌川豊国 【制作年】享和2年(1802) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || [])...
古地図

江戸の古地図|「番町」の町割はかつての旗本屋敷の名残!!

「番方」が住んだから「番町」!  高層ビルが建ち並ぶ東京にあって、なかなか江戸時代の名残を見つけることは難しい。だが、それでも注意深く観察すると、確かに当時の面影を感じられる場所もある。  たとえば、東京メトロ有楽町線・市ヶ谷...
古地図

京都古地図|豊臣秀吉が築いた幻の伏見城はどんな構造だった?遺構は?

伏見に存在する2つの「伏見城」  伏見の地には、伏見城址が2つ存在する。指月の丘一帯と、明治天皇陵がある木幡山地区だ。  最初に伏見に城を構えたのは、豊臣秀吉である。  もともと伏見は、古来、景勝地として貴族に親しまれて...
古地図

江戸の古地図|かつての日比谷は海の中!埋め立てで誕生した新たな町

埋め立てられた日比谷  慶長8年(1603)、江戸幕府を開いた徳川家康は、その翌年、江戸城の大増築工事に着手した。慶長10年(1605)、江戸城の第一次天下普請が開始される。  このとき、石材や木材などの輸送の荷受場となったの...
タイトルとURLをコピーしました